無料ブログはココログ

« 遷都と祟り | トップページ | 崇徳上皇の祟り »

2013年9月 7日 (土)

「崇」のおくりなの天皇

 第124代の昭和天皇まで、天皇が崩御されると諡号が付けられます。その中で名前にあがめる「崇」が付いた4人の天皇が、第10代崇神天皇、第32代崇峻天皇、第75代崇徳天皇、南北朝時代の北朝の崇光天皇です。また、「神」が付いた3人の天皇が、初代神武天皇、第15代応神天皇、第10代崇神天皇です。偉大な天皇に「神」、無念を抱えた天皇に「崇」の諡号が付けられたようです。

 第10代崇神天皇は、初代神武天皇と同じように「初めて造った国を統治される天皇」と呼ばれたことより、大和政権を最初に確立した大王と考えられている偉大な天皇です。この偉大な天皇の「崇」という諡号を、蘇我馬子に暗殺された第32代崇峻天皇や保元の乱に敗れ配流先の讃岐で没した第75代崇徳天皇、南朝により廃された北朝の崇光天皇に付け、無念を抱えた天皇の怨霊を祀ったのではないでしょうか。

« 遷都と祟り | トップページ | 崇徳上皇の祟り »

日本の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1351206/52944926

この記事へのトラックバック一覧です: 「崇」のおくりなの天皇:

« 遷都と祟り | トップページ | 崇徳上皇の祟り »