無料ブログはココログ

« 何故武士が生まれたのか | トップページ | 東西の本願寺 »

2013年9月 7日 (土)

足利義満と金閣寺

 足利義満は、天皇家でないのに歴史上唯一天皇になろうとした将軍と言われています。金閣寺の一階は寝殿造りで、二階は武家造、三階は中国風の禅宗仏殿造となっています。義満は中国皇帝に日本国王であることを認められており、金閣は、義満が公家(一階)社会と武家(二階)社会という階層の上に立つ最上位の王者であることを具現化したものであると考えられています。金閣寺の屋根には、聖徳の天子の兆しとして現れるという想像上の鳥の鳳凰の飾りがあります。

Photo_9

« 何故武士が生まれたのか | トップページ | 東西の本願寺 »

日本の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1351206/52944984

この記事へのトラックバック一覧です: 足利義満と金閣寺:

« 何故武士が生まれたのか | トップページ | 東西の本願寺 »