無料ブログはココログ

« 文字の書かれた古代の刀剣 | トップページ | 東海道五十三次歩きましたー1(19日間かかりました) »

2013年12月23日 (月)

古墳から出土した馬冑

 馬のよろいである馬冑(ばちゅう)が、日本で出土したのは、和歌山県の大谷古墳(6世紀初頭)と埼玉県さきたま古墳群の将軍山古墳(6世紀末)の2例です。大谷古墳からは、馬の顔面だけでなく馬体の鉄板も、ほぼ完全な形で出土しています。韓国では多くの馬冑が出土しており、朝鮮半島の強い影響が考えられます。
 5世紀以降の多くの古墳に副葬される馬具(金具・あぶみ等)は、この時代に乗馬の技術が大陸から伝わった事を物語っています。6世紀には、百済に軍馬の提供を約束した事が日本書紀に記されています。
 
写真上が将軍山古墳の馬冑で写真下が韓国中央博物館のものです。
Photo_32

Photo_33

« 文字の書かれた古代の刀剣 | トップページ | 東海道五十三次歩きましたー1(19日間かかりました) »

日本の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1351206/54355262

この記事へのトラックバック一覧です: 古墳から出土した馬冑:

« 文字の書かれた古代の刀剣 | トップページ | 東海道五十三次歩きましたー1(19日間かかりました) »