無料ブログはココログ

« 九州の古墳(熊本県の装飾古墳1) | トップページ | 九州の古墳(福岡県の古墳1) »

2013年12月23日 (月)

九州の古墳(熊本県の装飾古墳2)

熊本県では、装飾古墳の一斉公開を年2回行っており、2013年度は10月26日・27日と3月21日・22日です。この機会にしか内部を見学できない古墳も多いので必見です。新幹線新玉名駅近くの大坊古墳と永安寺東古墳、八代方面の田川内古墳(タノカワチ)、熊本市南部の塚原古墳群などを見学しました。いずれも山の斜面に位置する、大坊古墳は墳長40mの前方後円墳(写真上)、永安寺東古墳は円墳(写真下)です。どちらの古墳も装飾が色鮮やかに残っています。
Photo_11
Photo_12

  八代駅から「肥薩おれんじ鉄道」に乗車し日奈久温泉(ヒナグ)で下車して徒歩10分の田川内第1号古墳(写真)は、円墳で石室内部に刻まれた明瞭な円模様を見る事ができます。古墳上の神社は近隣17軒で守っているとのことです。
Photo_13

  塚原古墳群は、熊本交通センターからバスで45分、二つの路線バスでのアクセスが可能で、公会堂前か塚原が最寄りのバス停です。多くの古墳が残されており、写真の花見塚古墳は墳長53mの前方後円墳で周囲に二重の溝を持っています。石之室古墳内部が公開されています。塚原歴史民俗資料館には、多くの出土品が展示されており必見です。
Photo_14

移動は九州新幹線を上手に使いましょう。JR九州の「九州ネット早特7」なら、インターネットから7日前まで予約で、博多駅―熊本駅間の通常キップを4990円の半額2500円で購入できます。

« 九州の古墳(熊本県の装飾古墳1) | トップページ | 九州の古墳(福岡県の古墳1) »

日本の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1351206/54353702

この記事へのトラックバック一覧です: 九州の古墳(熊本県の装飾古墳2):

« 九州の古墳(熊本県の装飾古墳1) | トップページ | 九州の古墳(福岡県の古墳1) »