無料ブログはココログ

« 九州の古墳(宮崎県の古墳) | トップページ | 古墳から出土した馬冑 »

2013年12月23日 (月)

文字の書かれた古代の刀剣

 埼玉県の5世紀後半築造の稲荷山古墳出土の鉄剣(写真上)と、熊本県の江田船山古墳からの鉄刀に刻まれた文字が、雄略天皇の勢力が全国に広がっていた事を明らかにしました。奈良県の石上神宮の七支刀は、百済王の王子から倭王に贈られたものです。また、奈良県の4世紀の東大寺山古墳から出土の太刀(写真下、東京国立博物館蔵、金象嵌24文字)は2世紀後半に中国で作られたもので、日本最古の銘文刀剣です。
Photo_28
Photo_25


 
4つの刀剣の大きな違いは、稲荷山と石上神社は剣(ツルギ)で江田船山と東大寺山は刀(カタナ)ということです。剣は両刃で反りが無く真っ直ぐで突く武器で、刀は片刃で反りが有り切る武器です。2つの剣には両刃面の広い部分に大きな文字で刻まれており、2つの刀には刃の峰(刃と反対の背面)の狭い部分に小さな文字で刻まれています。江田船山古墳出土刀は銀象嵌で、他の3刀剣は金象嵌です。写真上は江田船山古墳の刀で、写真下はその刀の柄に近い刃の部分に銀象嵌された動物です。
Photo_29

Photo_30 


 
他にも千葉県の5世紀後半の稲荷大台古墳1号墳出土の剣(両刃面に銀象嵌12文字)や島根県の6世紀後半の岡田山1号墳の太刀(片刃面に銀象嵌12文字)などがあります。

« 九州の古墳(宮崎県の古墳) | トップページ | 古墳から出土した馬冑 »

日本の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1351206/54354694

この記事へのトラックバック一覧です: 文字の書かれた古代の刀剣:

« 九州の古墳(宮崎県の古墳) | トップページ | 古墳から出土した馬冑 »