無料ブログはココログ

« 九州の古墳(福岡県の古墳1) | トップページ | 九州の古墳(宮崎県の古墳) »

2013年12月23日 (月)

九州の古墳(福岡県の古墳2)

 約300基の古墳が残されている八女古墳群は見所が多くあります。墳長135mの岩戸山古墳(写真)は、前方後円墳の周囲に濠がめぐらされ、森の様にこんもりとしています。まだ発掘されていない古墳です。「磐井の乱」で敗れた筑紫君磐井(ツクシノキミイワイ)の墓で、多くの石像が立ち並んでいました。隣接する岩戸山歴史資料館で八女古墳群の全容を確認しましょう。写真下は、東京国立博物館蔵の岩戸山古墳の石人です。

Photo_20

Photo_21

 久留米バスセンター乗車・福島高校前下車し岩戸山古墳をスタートして、八女古墳群を巡る1日ハイライトコースです。岩戸山古墳と資料館で約1時間を費やした後、乗場古墳―善蔵塚古墳―丸山塚古墳―茶臼塚古墳―鶴見山古墳(写真の看板では階段を上る様に見えますが、県道82号を突っ切って真っ直ぐに進む)―釘崎古墳―尾崎古墳(道路脇に残る古墳の左のお地蔵様をすり抜けるように細い道を進む)-丸山古墳―童男山古墳(ドウナンザン)―堀川バス停まで徒歩でまわると3時間かかります。童男山古墳までの2時間半の道程の途中にトイレが無いので要注意です。

Photo_17

 童男山古墳群は磐井一族の最期の古墳と言われていますが、徐福伝説の方を信じたい気持です。毎年1月20日に行われる「童男山ふすべ」の祭りは、秦の始皇帝から不老不死の薬探しを命じられた徐福が、手厚い看護の甲斐なく息を引き取り童男山1号墳(写真)に葬られたという伝説を伝えるものです。

Photo_18

 次は、堀川バス停乗車・羽犬塚駅で乗換・九州大谷短大前下車、石人山古墳(セキジンサン)・弘化谷古墳(コウカダニ)です。まず、広川町古墳公園資料館(こふんピアひろかわ)で出土品を見学しましょう。石人山古墳は、墳長107mの前方後円墳で墳上の家形石棺と石人(写真)を常時見る事ができます。弘化谷古墳は円墳で、内部の装飾壁画は年2回公開されています。

Photo_19

« 九州の古墳(福岡県の古墳1) | トップページ | 九州の古墳(宮崎県の古墳) »

日本の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1351206/54354001

この記事へのトラックバック一覧です: 九州の古墳(福岡県の古墳2):

« 九州の古墳(福岡県の古墳1) | トップページ | 九州の古墳(宮崎県の古墳) »