無料ブログはココログ

« 東海道五十三次歩きましたー3(富士山が身近に見えます) | トップページ | 東海道五十三次歩きましたー5(印象に残りました) »

2014年6月29日 (日)

東海道五十三次歩きましたー4(長い鉄橋がありました)

 東海道は海岸沿いの道が多く海にそそぐ直前の川幅は広いので、長い鉄橋をいくつも渡ります。最も長い大井川鉄橋は、長さ1026mで23番目の島田宿を過ぎてすぐにあります。車道とは別に歩道専用の鉄橋が取り付けられており、すれ違うのがやっとの狭い橋です。大井川は、確かに水深が浅く徒渉できそうです。
Photo_9
 渡し船の名古屋区間では、国道1号を歩きました。木曽川の尾張大橋879mを渡ると、
揖斐・長良川橋(いび・ながらがわ)長さ約990mとなります。28番目の見付宿を過ぎた新天竜川橋は長さ912mで歩道が広く新しい橋です。長さでは、これらがベスト4だと思います。
 感動を呼ぶ橋は、終点の京都三条大橋(写真)でしょうか。53番目の大津宿手前の瀬田唐橋は、京都が近いことを実感する雅な形状の橋です。
Photo_11
 面白いのは、川崎駅直前の多摩川にかかる新六郷橋です。この橋から見える河川敷にホームレスが暮らしています。このホームレスが建てたホームが立派すぎるのです。通常の青いビニールシートで覆った小屋に混ざって、一戸建てやアパート風二階建てが見えます。ホーム
()は有るので、ホームレスと言えない人達が暮らしています。
Photo_10

 

« 東海道五十三次歩きましたー3(富士山が身近に見えます) | トップページ | 東海道五十三次歩きましたー5(印象に残りました) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1351206/56597935

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次歩きましたー4(長い鉄橋がありました):

« 東海道五十三次歩きましたー3(富士山が身近に見えます) | トップページ | 東海道五十三次歩きましたー5(印象に残りました) »