無料ブログはココログ

« 東海道五十三次歩きましたー5(印象に残りました) | トップページ

2014年10月 5日 (日)

乗り鉄は陸中海岸沿いのBRT(バス高速輸送システム)に乗りましょう!!

 宮城県の気仙沼線や宮城岩手両県の大船渡線の一部は、震災の被害が大きくバスによる代替輸送が行われています。柳津駅~気仙沼、気仙沼~盛駅間はJR東日本が運営するバス高速輸送システムBRTによりつながっています。
 仙台駅から東北本線の小牛田駅で石巻線に乗り換え柳津に向かいましたが、小牛田から柳津までは1日に4本のJRしか通っていません。仙台駅から仙石線経由を加えると、倍程度に列車本数が増えますが、少し不便です。そのせいか、柳津駅~気仙沼駅間の気仙沼線BRTには、数人しか乗客がいませんでした。
 BRTは、舗装した線路をバスが通るもので、元線路と車道を交互に走るちょっと変わったバスです。バスの幅と同じぐらい小さなトンネルを擦るように進み、土手や草原の元線路上を走ります。元線路の道路比率は、気仙沼線BRTで約40%、大船渡線BRTで30%程度ですが、気仙沼線BRTはトンネルが多く、列車に近い醍醐味をより味わうことができます。ぜひ鉄道ファンは、BRTに乗車してみてください。写真は、BRT車内から10月3日に撮影したものです。

Photo

Photo_2

Photo_3

« 東海道五十三次歩きましたー5(印象に残りました) | トップページ

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1351206/57585612

この記事へのトラックバック一覧です: 乗り鉄は陸中海岸沿いのBRT(バス高速輸送システム)に乗りましょう!!:

« 東海道五十三次歩きましたー5(印象に残りました) | トップページ