無料ブログはココログ

国宝建築物

2013年9月 1日 (日)

坂上田村麻呂ゆかりのお寺

 坂上田村麻呂は、征夷大将軍となり東北の蝦夷(えみし)を制圧した平安時代初期の武将です。田村麻呂は、蝦夷との戦いの最中の798年に清水寺を創建しました。福井県の明通寺は806年に田村麻呂が創建し、現在の本堂と三重塔は国宝で鎌倉時代の再建です。807年に田村麻呂の創建と伝えられる松島の五大堂(重文)は、後に慈覚大師が五大明王を安置したことから五大堂と呼ばれています。現在の建物は1604年に伊達政宗が再建したもので、東北地方最古の桃山建築で日本三景松島のシンボル的存在です。写真は、松島の五大堂です。

Photo_2

田村麻呂創建と伝えられる寺社は、東北地方を中心に数多く残されており、神仏の加護で蝦夷征伐や鬼退治を果たした感謝の気持ちによりそれらの寺社を建立したと伝承されています。

聖徳太子ゆかりのお寺

 聖徳太子ゆかりの寺としては、奈良の太子創建の法隆寺が最も有名です。世界最古の木造建築で飛鳥様式の金堂・五重塔を中心とする西院と、天平様式の夢殿を中心とする東院に分かれていて、多くの国宝建築や美術品を見る事ができます。

 法隆寺東院に隣接して聖徳太子が母の菩提を弔うために建立した中宮寺があります。国宝の弥勒菩薩半跏像は、実に美しい中性的仏像で、アルカイックスマイル(古典的微笑)をたたえています。間近でじっくりと見学する事ができ、幸せな気分になれます。

 法隆寺の近くには、聖徳太子の嫡男山背大兄王が母の邸宅を寺にした法起寺があり、国宝三重塔は現存する最古の三重塔です。

 京都にある広隆寺は、聖徳太子の信頼厚い渡来人の秦氏が太子供養のために建立した寺で、太子より授かった弥勒菩薩半跏思惟像を祀っています。この仏像が国宝第一号に指定されたもので、霊宝殿で他の多くの素晴らしい仏像と共に拝観する事が出来ます。

 兵庫県にある鶴林寺(かくりんじ)は、奈良の法隆寺に対し西の法隆寺とも呼ばれており、太子が秦氏に命じて精舎を建てたのが始まりとされています。平安時代末期の1112年建立の国宝太子堂は、桧皮葺(ひわだぶき)の優雅な建物で身飽きない美しい姿です。

 大阪にある日本最初の官寺である四天王寺は、聖徳太子が物部氏との戦いに戦勝祈願し勝利したため593年に建立されました。当時の建築物は残っていませんが、四天王寺式の伽藍配置は復元されており、文化財の一部を宝物館で拝観する事ができます。

Photo

 聖徳太子は飛鳥の橘寺で574年に生まれ、大阪府太子町にある叡福寺には、太子と母、妃が眠る廟があります。

思いがけず見所の多い寺院

①安倍文殊院(奈良県桜井駅バス7分歩すぐ)

 2013年2月に文殊菩薩と侍者像の計5像が国宝に指定されました。いずれも鎌倉時代の快慶の作で、本尊の文殊菩薩騎獅像は高さ7mで整った素晴らしいお顔です。知恵の仏様は「頭からのぼけ封じ」として昔から信仰されてきました。ぼけ封じのグッズやお酒が効きそうです。

大化の改新時に安部氏の氏寺として建立され、奈良時代の遣唐使・安倍仲麻呂や平安時代の大陰陽師・安倍晴明が有名で、陰陽道総本家です。平成24年の安倍晋三総理大臣寄進の灯籠がありました。

新しく出来た池に浮かぶお堂の回路を回り七難を取り除く「七参り」や玄関に貼る魔除けのお札(1000円)は、効果大いにありそうで風水に凝っている妻は大喜びです。また、本堂前の「文殊院西古墳」は、本山の創建者のお墓で特別史跡に指定されており、内部の切り石の精巧な合わせには驚かされます。

Photo_88

②道成寺(和歌山県JR紀伊本線道成寺駅歩7分)

 和歌山県最古のお寺で701年に創建されました。本堂後ろにある劫思惟阿弥陀如来像(ごこうしゆい)は、髪の毛がアフロ状に盛り上がった江戸時代のユーモラスな像です。本堂左の宝仏殿では、国宝の千手観音菩薩と両脇侍など多くの仏像を拝観でき、「安珍と清姫の物語」の絵解き説法が行われています。僧安珍に清姫が恋の炎を燃やし、裏切られたと知るや大蛇となって安珍を追い、最後には道成寺の鐘の中に逃げた安珍を焼き殺すという恐ろしいストーカー殺人物語りです。絵巻物を使って行われるこの絵解き説法は、非常に興味深いものでしたが、多くの参拝客は拝観料600円を払わずに本堂でのお参りだけで帰っていました。説明してくれたお坊さんには申し訳なかったのですが、一人だけで説明を楽しく聞く事ができました。

2013年8月25日 (日)

国宝と特別史跡

 国宝建造物である神社仏閣の拝観から始まった旅は、国宝仏や特別史跡にも興味が広がっていきました。2012年で国が文化財保護法で指定した国宝建造物は217件、国宝美術工芸品は868件(内国宝仏126件)、国宝と同格の特別史跡は61件、特別名勝は35件あります。他に国が指定した重要文化財や史跡名勝、都道府県が指定したものなど数多くあるのですが、国宝や特別史跡を中心に訪ねています。

 特別史跡を分類すると、古墳は8件で、奈良県の石舞台古墳、キトラ古墳、文殊院西古墳、高松塚古墳、巣山古墳、約600基の古墳群よりなる和歌山県和歌山市の岩橋千塚古墳群(いわせせんづか)、石室内ほぼ全面に彩色壁画の有る王塚古墳(福岡県)、西都原古墳群(宮崎県)があります。写真は高松塚古墳です。Photo_87

 古代遺跡は5件で、青森県の三内丸山遺跡、秋田県の大湯環状列石、長野県の縄文時代の尖石石器時代遺跡(とがりいし)、静岡県の登呂遺跡、佐賀県の吉野ケ里遺跡です。他に城・城跡、寺・寺跡、庭園、宮跡などがあります。初めて知る史跡も有り、古墳と古代遺跡もぜひ全てを訪れたいものです。

好きな神社(国宝)ベスト6~10

 六位は、京都の上賀茂神社です。古代豪族賀茂氏の氏神で平安京の守護神として崇められました。43棟の国宝重文建築が立ち並び、特別拝観時には神職が神社の由来などを説明し、国宝の本殿・権殿を拝む事ができます。

Photo_82

七位は、大阪府の住吉大社です。境内が開放的で明るい雰囲気です。屋根に反りが無い住吉造の朱に映えた4つの本殿の周囲を巡る事ができます。

Photo_83

八位は、奈良の石上神宮です。物部氏が代々祭祀を行い大和政権の武器庫としての役割も果たした神社です。372年に百済王から神功皇后へ贈られた七支刀は基本的に非公開ですが、2013年春の東京国立博物館の大神社展で拝観できました。閑静な山の辺の道沿いにあります。

Photo_84

九位は、京都の宇治上神社です。現存する最古の神社 (1060年頃創建)で、宇治平等院のすぐ近くです。

Photo_85

十位は、霊廟を代表して栃木の日光東照宮です。徳川家光により作られた家康の霊廟で、絢爛豪華です。多くの国宝重文建築物が残されており、有名な三猿や眠り猫の彫刻など花鳥霊獣の装飾は一度見ておきたいものです。

Photo_86

好きな神社(国宝)ベスト1~5

 国宝に指定されている神社は、27神社で31社も有ります。また、日光東照宮を代表とする戦国時代以降に建立された霊廟が、2010年に国宝に指定された久能山東照宮を含め7ヶ所にあります。

 一位は、島根県の出雲大社です。神社で最も高い高さ24mですが、平安時代の口遊(くちずさみ)で高層建築ベスト3が雲太(出雲大社)・和二(東大寺大仏殿)・京三(京都御所大極殿)と歌われており、高さは48mあったと考えられています。この模型などの有る隣接の古代出雲歴史博物館は必見です。

Photo_77

 二位は、広島県の厳島神社です。海に張り出した社殿と大鳥居の朱色が美しい神社です。フェリーで宮島に渡り、焼き牡蠣を食べたり、干潟に降りたりと楽しい一大観光地です。

Photo_78

 三位は、熊本県の青井阿蘇神社です。2011年5月に行ったのですが、境内には鶏が放し飼いで、楼門と拝殿はかやぶき屋根です。国宝建築物のかやぶき屋根は初めて見ました。思わず笑みのこぼれる、ほのぼの神社です。

Photo_79

 四位は、岡山県の吉備津神社です。入母屋造を二つ並べた屋根は独特で、大きな本殿は荘厳です。小さな神社本殿が多い中、その大きさに少しビックリしました。本殿右手の廻廊は情緒があります。

Photo_80

 五位は、奈良の春日大社です。藤原氏の氏神として栄えた神社で、春日神社の総本山です。春日山原始林を背景に奈良公園内の山の斜面にあるため、参道を上っていきます。本殿特別参拝にて本殿を必ず拝んでください。朱塗りの鮮やかな社を満喫できます。多くの至宝が展示されている宝物殿にもぜひ立ち寄ってください。

Photo_81

好きなお城(国宝)ベスト3

 国宝のお城は4ヶ所で、全て天守閣が残っています。天守閣の残っている重要文化財のお城は8ヶ所です。

 一位は、松本城(長野)です。桃山時代に造られた5層6階の漆黒の天守閣は美しく、平城のため大きな水濠や石垣が構築されています。お濠に映る天守閣は、威風堂々としています。

Photo_74

二位は、姫路城(兵庫)です。江戸時代初期に建てられた天守や櫓(やぐら)等多くが現存し、内曲輪の通路が迷路のように曲がりくねった平山城です。世界遺産に登録されています。平成26年度まで大天守の修理を行っているので、白鷺城とも言われる美しい外観が見られずに残念ですが、小天守内部は見学可能です。城内広いので、見学にけっこう時間がかかります。写真は本丸改修中の姫路城です。

Photo_75

三位は、彦根城(滋賀)です。琵琶湖から水を引いて濠とし、小高い丘に作られた平山城です。小振りですが、城郭の多くが残っており完成された城を見る事ができます。

Photo_76

次点は、犬山城(愛知)です。木曽川の崖上に建つ平山城です。天守から廻縁に出て景色を楽しむ事ができます。

好きな三重塔(国宝)ベスト5

 国宝の三重塔は13塔有ります。

 一位は、薬師寺の東塔です。各層に庇のような裳階(もこし)が付いているため、六重に見える塔は、初層から三層の屋根幅が小さくなっており安定感が有り、とても美しくバランスの取れた塔です。730年に創建され、高さ34.1m、初層には何も残されていませんでした。

Photo_68 

二位は、滋賀県西明寺の三重塔です。高さ23.7m、桧皮葺、鎌倉時代後期の建立ですが、初層内部に鮮やかな彩色仏画が残っており、内部を特別公開により拝観する事が出来ました。内部は数人しか入れない広さで、あまりにも鮮やかに残る700年前の極彩色の曼荼羅壁画に大感激です。

Photo_70 

 三位は、長野県別所温泉にある安楽寺の八角三重塔です。1290年代の建立の日本最古の禅宗様建築、高さ18.8m、桧皮葺、初層に裳階が付いて四重に見えます。三重塔の常識を覆す日本に残る唯一の八角形の塔で、国宝の三重塔は多くて13塔有りますが、異色を放つこの塔に衝撃を受けました。苔むしたこけら葺きの屋根は、褐色の木造の塔に緑のアクセントを付けて古びて趣のある塔です。屋根の苔が掃除されている時は、塔全体が褐色で山に溶け込んでいます。

Photo_71

 四位は、法起寺の東塔です。706年建立の現存最古の三重塔で、法隆寺から田んぼの中を歩いて15分位で到着です。田んぼに囲まれた寺領の木々の上から顔を少し出していて、のどかな感じがします。

Photo_72

 五位は、当麻寺の東塔と西塔です。8世紀頃建立の国宝の東塔と西塔の両塔が揃って残っています。2011年に初めて写真の東塔の初層が特別公開されましたが、彩色は残っていませんでした。

Photo_73

 他には、大法寺(長野)、明通寺(福井)、常楽寺(滋賀)、浄瑠璃寺(京都)、興福寺(奈良)、一乗寺(兵庫)、向上寺(広島)があります。

好きな五重塔(国宝)ベスト5

 国宝の五重塔は11塔あり、内2塔は屋内にある小塔です。初層内部を見れたかどうかで印象が大きく左右されます。

 一位は、法隆寺の五重塔です。日本最古の五重塔で、680年頃の建立で法隆寺に現存する世界最古の木造建築の一つです。高さ約32.6m、初層から五層に向かって屋根の幅が小さくなり、どっしりとした安定感が有ります。初層に釈迦入滅を悲しむ弟子の場面などの塑像群を格子戸越しに見る事ができます。

 Photo_40

 二位は、東寺の五重塔です。日本で最も高い54.8mの塔は、遠くから良く見えて京都に着くとこの塔が歓迎してくれているようです。東寺(教王護国寺)は、平安京が造られた時に官寺として796年に創建され、その後五重塔は弘法大師空海により造営されますが、火災のため幾度も焼失し現在の塔は1644年に建てられたものです。初層内部は、特別公開により比較的容易に拝観可能で、多くの仏像や彩色の残った壁面等を見る事ができます。

Photo_62

 三位は、山口県瑠璃光寺の五重塔です。1442年建立、高さ31.2m、桧皮葺(ひわだぶき、ヒノキの樹皮で屋根をふくこと)の屋根が山の緑に映えて、重厚なたたずまいです。

Photo_63

 四位は、山形県羽黒山の五重塔です。修験道(しゅげんどう)信仰の出羽三山の中の羽黒山にポツンと立っています。廃仏毀釈により寺は無くなり、出羽神社の参道の杉並木の中に立っています。1372年再建、高さ29.2m、こけら葺き(木材の細片で屋根をふく)の屋根に雪が積もって綺麗でした。

Photo_65 

 五位は、室生寺の五重塔です。二番目に高い塔である興福寺の五重塔や、醍醐寺の黒々とした五重塔も桜に映えて良かったのですが、屋外の五重塔として最も低い16.2mの室生寺を五位に選びました。800年頃の建立で2番目に古い塔ですが、木部が朱に塗られた鮮やかな塔が山の木々に映えます。

Photo_66

 他には、屋内の小塔を除くと醍醐寺(京都)、海住山寺(京都)、興福寺(奈良)、明王院(広島)があります。

好きな八角円堂(国宝)ベスト3

国宝の八角円堂は5堂で、個人の菩提を弔うためにその多くが建てられました。円に近くなるように八角形をしています。

 一位は、法隆寺夢殿です。夢殿と本尊の救世観音は、聖徳太子の祟りを鎮めるために作られたとも言われています。救世観音は、明治時代にフェノロサにより見出されるまで白衣でぐるぐる巻きにされていた秘仏で、光背が頭に直接釘で打ち込まれています。夢殿と聞くと、秀逸な漫画である山岸涼子の日出処の天子を思い出します。

Photo_59

 二位は、興福寺北円堂です。特別拝観時には、運慶作の仏像を拝む事ができます。興福寺境内には江戸時代に作られた重文の南円堂を含め八角円堂が2堂あります。南円堂は北円堂より二回り大きく、運慶の父康慶による本尊の不空羂索観音菩薩坐像があり、拝観出来るのは10月17日の年に一回のみの開扉ですが、2013年の春は南円堂創建1200年記念としてお堂の中に入って拝観する事ができました。

Photo_60

 三位は、栄山寺八角円堂(奈良)です。藤原不比等の長男で南家創始者の藤原鞭麻呂が、創建したお寺で、八角円堂は夢殿に並ぶ奈良時代8世紀の古いものです。JR和歌山線五条駅からは交通の便が悪いので、貸自転車で行ってきました。

Photo_61

他には、広隆寺桂宮院本堂、法隆寺西円堂があります。

その他のカテゴリー